突撃取材隊が行く! 〜10円で遊べた時代を体験する! 駄菓子屋ゲーム博物館特集〜


突撃取材隊が行く!
突撃取材隊が行く!
〜10円で遊べた時代を体験する! 駄菓子屋ゲーム博物館特集〜
Vol.34 今回のテーマは「駄菓子屋ゲーム博物館」
トップページ
駄菓子屋ゲーム博物館とは?
10円ゲームをご紹介!
駄菓子屋さんで二度おいしい
くろ おー、ついたついた。ここがゲーム博物館、ね。…普通の駄菓子屋さんに見えるのは気のせいなの…?
たまきゅ ガチャポンー!
なお 気のせいじゃないわよー。ここは、駄菓子屋兼ゲーム博物館兼地域情報館っていう…まあ、いわゆる昔の“駄菓子屋さん”ね。
くろ うわ、本当だ。すっごい懐かしいゲームがいっぱいあるわ〜! あ、これとかこれとか遊んだわねぇ。
なお じゃ、遊ぶ前に概要について説明しましょうか。
くろ 了解っ!
駄菓子屋ゲーム博物館の成り立ち!

東京都の「地域連携型モデル商店街事業」に選ばれた商店街のコンテンツとして2009年3月に開店した。駄菓子屋とゲーム博物館、地域の企業のアピールの場として活用されている。ゲーム博物館は2005年に行われた板橋区主催の「空き店舗活用コンテスト」で大賞を受賞した企画が元となっており、“駄菓子屋”の開店を望んでいた商店街とのニーズが一致して開店に至ったという経緯を持つ。現在は平日で100人、休日は200〜300人もの客でにぎわう。

駄菓子屋ゲーム博物館の成り立ち!
▲ゲーム博物館を兼ねる“コン太村”。地元の人々の休憩場所としても活用されている。
駄菓子屋ゲーム博物館の成り立ち!
▲ゲームはすべて店長さん所有のもの。子供の頃から不要になったゲームを譲り受ける形で集め、現在の台数まで増えたとのこと。
たまきゅ すごいですねぇ。商店街のシャッター通り化打開策の一環なんですか。
なお そうね。駄菓子屋さんが欲しかった商店街と、ゲーム博物館がやりたかった店長さんとの思惑が一致した形ね。
くろ へー。確かに最近はこういう駄菓子屋さんって見かけないわよね。近所の駄菓子屋さんも私が小学校の時にはやめちゃってたもの。お小遣い100円だけ持ってよく遊びに行ったもんだわ。
なお 商店街としては、地元のおばあちゃんやおじいちゃんに店番を頼むってことも考えたみたいだけど、防犯とかいろいろな理由で難しいと悩んでたらしいわよ。そこで、区に相談したら、ゲーム博物館と併設はどうか、って流れになったみたい。
たまきゅ なるほどぉ。
なお しかも、場所代は商店街持ちなんですって。やっぱりこのご時世、駄菓子とゲームだけじゃなかなか…ね。
くろ どれもこれも10円単位だもんねぇ。子供が安く遊べるのは嬉しいと思うけど、それだけで生活はできないわね…。
なお というわけで、取材ついでに遊んじゃいましょ。自腹でね。
たまきゅ はーい! 思う存分遊びまーす!
10円で思いっきり遊ぼう!

店で遊べるゲームは一部のゲームを除き1回10円なっており、店内には100円または50円専用の両替機が設置されている。まずは両替してゲームで遊んでみよう。一部のゲームでは店内専用のメダルが払い出され、そのメダルを使ってゲームをプレイすることも可能となっている。1回10円と子供のお小遣いで遊べるため、近所の幼稚園に通う親子連れが遊びに来ることも多い。

10円で思いっきり遊ぼう!
10円で思いっきり遊ぼう!

▲大人気の両替機、通称“ケンさん”。電源を使用しておらず、100円投入後に右側にあるハンドルを回すことで10円玉10枚が払い出される。

くろ うわ、この両替機は私も見たことなかったわ。手動って…。
なお 私でも昔デパートの屋上遊園地で見たことがあったかな、という程度よ。今から30年以上前に作られた電源不要の両替機なんですって。
たまきゅ 私よりすごく年上なんですね!! でもこうやって現役で動いちゃうのがすごいです。
なお ねえ、くろ…。一瞬たまに殺意が芽生えた気がしたわ…。
くろ ほ、ほら! ゲーム! ゲーム紹介しないと!!
遊べるゲームを徹底紹介! その1

ここでは、博物館で実際に遊ぶことができるゲームの中から、主に投入した10円をそのまま使って遊ぶパチンコタイプのゲームをご紹介! 10円をパチンコの要領で「アウト」に入らないように弾いて「あたり」に入れれば景品が払い出されるという仕組み。昭和50年代の駄菓子屋の店先を飾った懐かしいゲームたちがそろっているぞ。

新幹線ゲームII
新幹線ゲームII

▲東京から出発し、ゴールの博多まで新幹線代わりの10円玉を運ぶことができればあたり。途中にある穴に10円玉が入るとアウト。

新幹線ゲームII

▲弾く力が強すぎても弱すぎてもアウトになってしまう。次の駅まで10円玉が無事到着するよう力を調整しよう。

グランプリ(効果音タイプ)
グランプリ(効果音タイプ)
▲現在のサミーである株式会社サトミ制作のゲーム。ゲームの流れは新幹線ゲームとほぼ同じく、ゴール地点まで10円玉を弾いていく。
インターチェンジ
インターチェンジ
▲10円玉の通り道がアクリル板で2重に区切られているタイプ。途中には「大当たり」に入るルートが用意されており、ここを通ってから「あたり」に入ると大当たりとなって通常よりも豪華な景品が払い出される。
FOOTBALL
FOOTBALL
▲10円玉ではなく、ボールをパチンコの要領で弾いて「あたり」に入れるゲーム。途中に回転歯車が2箇所用意され、力加減だけではあたりが出ないようななっている。あたりは3ヶ所設定されており、すべてのあたりに入れることも可能。
たまきゅ これ、パチンコの力加減を覚えたらいつもクリアできそうですね。
くろ んー、まあそうだけど、いつも上手くいくわけないじゃない。3回くらいやってみればわかるわよ。
たまきゅ ふむ。挑戦してみます!
なお 私もなかなか“あたり”に入らなかった記憶があるわねぇ。入ったときは諸手を上げて喜んだものだけど……。
たまきゅ くろぉぉぉ。これ当たりに入らないぃぃぃ。
くろ たまが当たりゲットしようなんて甘い甘い。まー、こんなもんでしょ。

※画像の無断転載を禁止します。
この情報は2009年9月現在のものです。
illustration:斎藤かよこ

ゲームについて
人気コンテンツ
プレミアム・インポート・ゲーム海外製本格Flashゲームを日本語で毎日無料で楽しめる!!
あそんでプリキュア女の子に大人気! プリキュアたちといっしょに「ぱずる」や「ぬりえ」をあそんじゃおう!
よくある質問
教えて!goo 人気のQ&A (オンラインゲーム)
PSO2が想定外のエラーで落ちるのが...
第1位の質問
PSO2 強制終了について
第2位の質問
ping値を小さくする方法を教えてく...
第3位の質問
おすすめコンテンツ
gooダウンロード
シミュレーション、ボードゲームが満載
NTT-X Store
パッケージソフトはこちらから
キッズgoo
子どもと一緒に無料ゲーム
gooブログ
ブログで思いのままに情報発信
goo恋人探し